雪国体験教育旅行
 通常レッスン
 スペシャルレッスン
 スキー検定
 
 スクールインフォメーション
 現地までのアクセス
 お申込み・お問い合せ
 たかつえスキー場情報
 
 スクール日記
 ブログ
 
 

 

 
ARS HOMEスキースクールTOPスキー検定SAJ バッジテストについて
 
 
SAJ バッジテストについて
 
 
  2011-2012シーズン開催日は決定し次第ご案内します! 
お申込、お問い合せは、

   NPO法人 A.R.S WINTER SCHOOL
(エイ・アール・エス ウィンタースクール)

電話 フリーダイヤル : 
0120−21−7080    メール : aizu@npoars.jp

  SAJ バッジテストの詳細
>> 料金について

>> 受験資格と受験時に必要なもの。 
>> 検定種目について

>> 評価・判定について
 
〜 料金について 〜
事前講習料 受験料 公認料
1級 4,000円 3,000円 2,000円
2級 未定 1,500円
3級 4,000円 1,200円
4級 3,500円   800円
5級 3,000円   700円
※1級の受験者の方で合格時、SAJ会員登録をされていない方は登録(登録料3,000円)が必要になります。
〜 受験資格と受験時に必要なもの 〜
1級
受験資格 *2級以上を取得している中学生以上の方
*ジュニアテスト1級以上を取得している12歳以下
受験時に
必要な物
中学生以上の方
2級の合格証
(コピー可)
ジュニアテスト1級以上を取得している12歳以下の方
ジュニアテスト1級以上の合格証
(コピー可)
*事前講習終了証
 (事前講習を受けない方 コピー可)
*SAJの会員の方はSAJ会員証 
(合格時に必要となります)
2級
受験資格 *12歳以上の方
*ジュニアテスト1級以上を取得している12歳以下
受験時に
必要な物
12歳以下の方は
ジュニアテスト2級以上の合格証
 (コピー可)
3級〜
5級
受験資格 *6歳以上の方
受験時に
必要な物
*特にありません
〜 検定種目について 〜
種   目 斜面設定の目安
1級  パラレルターン 大回り    (ナチュラル)
パラレルターン 小回り    (ナチュラル)
パラレルターン 大回り    
(ナチュラル)
パラレルターン 小回り    
(不整地)
フリー滑降            
(ナチュラル)
中急斜面
急斜面
急斜面
中急斜面
総合斜面
2級  パラレルターン 大回り    (ナチュラル)
 パラレルターン 小回り    (ナチュラル)
フリー滑降            
(ナチュラル)
中急斜面
中急斜面
総合斜面
3級  回転技術としての「大回りターン」ができる
回転技術としての「小回りターン」ができる
整地中斜面
整地中斜面
4級  回転技術としての「大回りターン」ができる    整地緩斜面
5級  回転技術としての「大回りターン」ができる 整地緩斜面
〜 評価・判定について 〜
実技・ 評価の内容  評価の基準
1級 
〈実技の内容〉
条件状況に対応して
・テールコントロール
・トップ&テールコントロール
・トップコントロール
を選択して滑る

〈評価の内容〉
・ターン運動の構成
〜ポジショニング・エッジング
・斜面状況への適応度
〜スビードと回転弧のコントロール
・運動の質的内容
〜バランス・リズム・タイミング
350ポイント以上
(最大値500ポイントの70%以上


・ 種目最大値100ポイント X 5種目
・ 取得ポイントは検定員3名の平均値
(小数点第1位を四捨五入)
2級 
〈実技の内容〉
条件状況に対応して
・テールコントロール
・トップ&テールコントロール
・トップコントロール
を選択して滑る

〈評価の内容〉
・ターン運動の構成
〜ポジショニング・エッジング
・斜面状況への適応度
〜スビードと回転弧のコントロール
・運動の質的内容
〜バランス・リズム・タイミング
195ポイント以上
(最大値500ポイントの65%以上

・ 種目最大値100ポイント X 4種目
・ 取得ポイントは検定員3名の平均値
(小数点第1位を四捨五入)
3級 
〈実技の内容〉
中級コースで大回りと小回りの連続ターンができる
120ポイント以上
(最大値200ポイントの60%以上


・ 種目最大値100ポイント X 3種目
テストは、講師(公認検定員)が講習を通して評価を行います。
4級 
〈実技の内容〉
 初〜中級コースで連続ターンができる
55ポイント以上
(最大値100ポイントの55%以上


テストは、講師(公認検定員)が講習を通して評価を行います。
5級 
〈実技の内容〉
 初級コースを降りてくることができる
50ポイント以上
(最大値100ポイントの50%以上


テストは、講師(公認検定員)が講習を通して評価を行います。
※種目ごとに合格ポイントが必要ではなく、各種目の合計ポイントで合否がきまります。
 
 

 
ARS HOMEへ

Copyright (C) 2005  NPO A.R.S All Rights Reserved.